読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きな本5冊紹介するので、他にオススメの本誰か教えてくれないかな

f:id:y_ozaki:20140120222246j:plain:w300
タイトルの通り。ここ2、3年で読んだ本のうち好きな本を紹介するので、こんな本が好きならこれもいけるよ!っていうオススメありませんか?的な姑息なエントリ。

チルドレン (講談社文庫)

チルドレン (講談社文庫)

伊坂作品のなかだと、そんなにメジャー感ない気がするけど、好き。一本も筋の通らない正義感で様々な事件に喧嘩を売って行く陣内という、伊坂作品によく出てくるタイプの男を中心にした短編集。
奇妙な出来事が折り重なって一つの短編のお話が出来上がり、それらが折り重なり短編集としての物語も出来上がってて読みやすい。

スロウハイツの神様(上) (講談社文庫)

スロウハイツの神様(上) (講談社文庫)

辻村深月にハマって作家買いして、一番好きなのがこれ。
作家、漫画家、脚本家などなどの若きクリエイター達が共同生活するスローハイツでの群像劇。後半終盤にかけての伏線回収は見事に読ませてくれる。彼、彼女たちの創作の原点は何なのか線がつながる時にゾクっとする。
創作者に対する何かしら憧れ、畏敬を持ってる人は共感しやすいかなぁと思う。でも、こうはなれないっていう意味での共感だけど。


虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)

虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)

これ面白いと言っておけば、それっぽい系。まぁ、実際面白いからしょうがない。近未来軍事モノ。
緻密な描写によるこの近未来世界観に引き込まれることに成功すれば勝ち。登場人物に感情移入はとてもできないけど、素直に読み耽って混沌の中に引きずられてしまうのが楽しい見方じゃないかな。そして、それがテーマ。

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)

不思議ちゃん女子に過大かつ誇大な妄想を抱いているもてない変態男子諸君の好きな世界観。という説明が箸にも棒にもかからないのであれば、読まなくていいと思う。
この世界観にハマるなり森見登美彦特有の言い回しが嫌でなければお気に召してもらえる作品。そうじゃなければストーリーとして特筆すべきものがあるわけではない。森見節を楽しむ小説。


私を知らないで (集英社文庫)

私を知らないで (集英社文庫)

中学生離れした美貌を持つが、親のせいで借金を背負わされ祖母と二人暮らししているのに、高級品を身に纏うため、良からぬ噂で後ろ指をさされるキヨコ。薄情なだけの中坊たる主人公がキヨコと同じクラスに転入してきて、徐々にキヨコの人物像が紐解かれてく。
まずはキヨコというキャラクターに惹かれて読み進める。とにかくかっこいいし、そのかっこよさに嫌味がない。読み進めていくうち脇を固めるキャラクターもみんなかっこいい。人物像をしっかり描き切るので突飛な展開でもすんなりくる巧さ。
物語に隠された謎自体はなんとなく最初から明らかではあるんだけども、そこに秘められたキャラクターたちの心情が読みどころ。