読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雪面を自転車で走行する東京の人は勇気ある

f:id:y_ozaki:20140217094821j:plain:w300

札幌生まれ、札幌育ちの僕みたいに頭のネジがゆるゆるの子は冬でも自転車に乗ってた。札幌みたいにある程度税金ぶっこんで除雪してくれる街だと踏み固められた雪面を走行する技術(むしろ止まれる技術)さえ習得すれば結構普通に走れる(ただし、自動車運転してる人からはうざがられる)。

冬でも自転車に乗る残念な札幌の子でも自転車に乗らないのは雪の降り始めと溶け始めだ。
降り始め、積もり始めだと自転車が通れる道なんてないから、前人未踏の道に踏み出していかないといけない。普通に走るとか無理なので、自転車押して歩けというレベル。雪質によるが、新雪はタイヤにまとわりついてくるので、雪が詰まってタイヤ回らなくなる。また、全く踏み固められていない雪は、雪の下に何が隠されてるかわからない。ブレーキかけたところがマンホールとかだとめちゃ滑る、しぬ。

溶け始めは危険というかは面倒。走ろうと思えば走れないことはないけど、雪が溶けてるところ、溶けてないところ、雪は無いけど路面が凍結してるところが散在してるので、その路面状況を判断しながら走るくらいなら歩け。溶け始めでグチャグチャになった雪に自転車のタイヤが取られて空回りするので、これも面倒だし、場合によってはバランス崩して転倒する、しぬ。

ここ最近の東京の大雪は常に降り始め or 溶け始めなはずなんだけど、結構東京の人は自転車乗ってる。子どもを乗っけたまま走ってる人とかもいて、なかなか圧巻の光景である。みんな勇気ある、すごい。

頭のネジゆるゆる。