読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラえもん のび太の南海大冒険と吉川ひなの

 

休みなのに雨ばかりということで、息子とTSUTAYAに行く。ドラえもんの映画を物色する息子。 「新しいやつの方がいいと思うよ」という父の進言を無視して、イルカがパッケージに乗っているから、これが良いと頑として譲らず、TSUTAYAで借りてきた。「ドラえもん のび太の南海大冒険」。

なお、最近イルカやペンギンなど海洋生物が好きみたい。

 

今年5歳になる息子は当然水田わさび時代のドラえもんしか知らない。旧ドラえもんを見て素直に受け入れることができるのか?嬉々として再生ボタンを押す息子、不安しか無い私。

オープニング、海賊たちが宝島の奥へ奥へと進んでいき、遂に財宝を見つけたと思いきや、水中から現れる謎の生き物に襲われ水中に引きずり込まれる。緊迫感のあるオープニングに引き込まれる息子。

そして、舞台は変わってのび太スネ夫ジャイアンなどいつもの面々が登場。

 

息子「こんなへんなのいやだぁぁー」

 

号泣。

絵のタッチも違うし、声も違うし。なにこのしずかちゃんババァじゃん。

 

いまだに水田わさび以降のドラえもんを否定する人もいるけど、息子と一緒に毎週見てると流石に違和感など無いわけなので(ただし、ドラミちゃんは除く)、もはや以前のドラえもんに対して違和感しか無かった。

 

そんなこんなの割に話自体は面白かったのか最初に泣いていた以降は大人しく見続けていた。順応力高い息子。

途中ゲラゲラ笑いながら、見ていたので、借りて良かった。

 

まぁまぁ、それなりに楽しかったかなーという余韻に浸りつつ、エンディングを迎えるのだが、一体全体何をどう間違ったら、この歌を幼気な少年少女たちがみるドラえもんの映画のエンディング曲にしようと思ったんだろう。

歌詞も片想いの女の子が恋い焦がれて眠れない、という歌で映画の内容と1ミリも関わりが無い。夢の中でドラえもんを待ち焦がれてるのび太はいたんだけど、それと合わせてるのかな。そんなわけない。

とにかく、衝撃的なエンディング曲だった。