読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝食における責任分解点

昨日のお話。

日曜日、朝起きて、朝食の用意。
出来上がったものから食卓に載せていく。

ぼく「先に食べていいよ」
つま「マーガリンとかないじゃん」
ぼく「自分で出せばいいじゃん」
つま「いまどういう状況なのか説明してくれないと、なにすればいいか分からない」
ぼく「は?」

と、ぼくがあからさまに不機嫌な様子を見せて、その後いくつか妻からの問いかけに不躾に回答 or 無視をする。

妻がぶち切れる。

ぶち切れるトリガーはぼくの不躾な態度および無視なのだが、ぼくとしてはそれ以前のやり取りが訳分かってない。どちらかというとぼくが最初にイラついてたはずなんだが、その後妻がぶち切れるものだから、ぼくの怒りのやり場はどこにいくの・・・

妻の言い分としては朝食を用意するメイン担当者(今回の場合はぼく)はサブ担当者(妻)に対して適切な指示を出して、食器やら調味料やらの用意をさせるところまでが責任範囲である。ということ。
つまり、食卓にパンやコップだけ乗っていても、ぼくがキッチンで他のおかず用意してたり、アイスコーヒー淹れてるのは見えないんだから、あと食卓に何が出てきて、妻は何の用意をすればいいのかを指示しないといけなかったらしい。

ぼく「以後、気をつけます」クローズした。